コカイン

ビートマニア面白くね?

 
さて、今回はラーメン・つけ麺のレビューをブチ撒けていきます。
 
二郎
ひばりヶ丘】・・・わざわざJR線から西武池袋線へと乗り換え食べに行く。レトロ感のある看板・店内。Cavakanと並んで時を待つ。
……ドンっ!


f:id:unchiahen:20151118021755j:image

 
盛りがスゲえ〜っ!!唾液腺が狂いだす。
早速一口。野菜がホクホクして甘い!衝撃その1。麺が太過ぎず、ツルっとしていてガツガツいける。衝撃その2。スープは乳化系というやつ?よく分からんが、とてもまろやか。口内に広がるフワッと感が素晴らしい。衝撃その3。そして極めつけはトロットロの豚!箸で持つとクタっと垂れる。衝撃その4。
 
f:id:unchiahen:20151118022829j:image
 
野菜・麺・スープ・豚の全てが高いレベルにあり、まろやかさが際立つ。一度は食べてみるべし。オススメです。
 
評価(最大で星3つ):☆☆☆
 
【大宮】・・・店が狭い。調理がダイナミック。Cavakan、オザキ君と静かに待つ。
ドン!

f:id:unchiahen:20151118023709j:image
 
オォ〜〜〜。先ほど紹介したひばりヶ丘のものとは明らかにスープの色や豚が違う。

野菜はキャベツが割と入っていて食感がよい。麺はひばりヶ丘よりも少しかたいか?太さは同じような感じで食べやすい。スープは二郎にしてはかなりサッパリしていると思われる。オレはこの「あ〜今醤油ラーメン食ってるわ〜」みたいなあっさり感を推します。そして豚は、表面に角煮のような甘味が染み込んでいる。これウマいぞ。個人的にはひばりヶ丘の豚よりも好みだった。満足。

 
ひばりヶ丘二郎のまろやか系とは違った、あっさり路線をゆくもの。豚が印象的。
 
・・・醤油のキリっとした味が口いっぱいに広がる。いい意味で二郎らしくない味といえよう。
 
評価:☆☆☆
 
二郎のパクリ
【梵's】・・・生物兵器レイシストが生息する。全世界の武器を楽器にしようと企んでいる。そして、ブタ大学生が四方八方から湧きまくる。
 
(写真無し)
 
スープは初期状態でもかなり濃いため、野菜をトッピングした方が良い気がする。麺は自家製麺でボコボコしている。豚はたまにメッチャ旨いのが来る。
 
しょっぱい。ただ、運動後などに食べればそれなりに満たされるし、疲れた体に大量の塩分をブチ込みたい!というときにはオススメ。食べ続けていると案外悪くないなと感じてくる謎の一杯。
 
評価:☆☆
 
つけ麺
【蕾】・・・魚介系つけ麺の店。ベースは魚介と煮干しから選べる。今回は煮干しを注文した。ぐ〜に〜、みずねこ、Cavakanと共に麺の登場を待つ。
……ドン!

f:id:unchiahen:20151118105411j:image
 
きれい。豚が美しい。そして……レモン!?
脳内ライブラリに新たな味覚が刻まれようとしている。早速麺にレモン汁をかけて食す。
麺がツルッツルかつ太過ぎないので、食べやすい。煮干しつけ汁はメチャ濃厚。咀嚼する度に旨味が広がる。適度に炙られた豚が濃厚さを増幅させる。ウマっ!ここで注目すべきは、つけ汁がメチャ濃厚なのに、レモン汁があるお陰で食べた後にスッキリ感がやってくるということ。そのため、たくさん量を食べても胃もたれを起こさなかった。濃厚×食後のあっさり感を両立させた、ハイレベルな一品となっている。
 
つけ麺にレモンというのが斬新で、しかもそれがうまく機能している。闇雲にこってり感を出そうとしていない所が好印象。
 
評価:☆☆☆
 
 
以上